始末書の例文と書き方 誠意ある文章でピンチを乗り越えましょう

スポンサーリンク

今の会社は、やりがいがある仕事ができて天職だと感じていたのに、ちょっとした不注意で失敗して会社に迷惑をかけてしまった。

慣れから来た甘い認識で、大変なことになってしまった。

きっとあなたは会社に迷惑をかけるつもりはなかったはずです。

今は後悔と反省の気持ちでいっぱいだと思います。

始末書の提出を上司から求められたのであれば、会社はあなたに「もう一度頑張れ!」と言っているのではないでしょうか?

始末書程度では会社をクビになることはありません。

過ちを深く反省して、今後は決してこのような事態を起こさないことを
わかってもらうための始末書です。


スポンサーリンク

始末書と顛末書の違い

顛末書は起きたトラブルに対して一部始終の経緯を説明して、今後の再発防止策を示すなど、いわば報告書のような書類です。

ですから客観的な文章となり、謝罪の言葉はなくても良いのです。そのため懲戒的な意味合いは薄く、軽微なものと考えて構いません。

一方、始末書は自分の起こしたミスに対して反省と謝罪の意を込めた
反省文の位置づけとなります。自ら率先して書くのではなく、上司から求められた際に提出するものです。

懲戒や訓告などの懲戒処分に相当する事態と考えておきましょう


始末書の例文

反省と謝罪の気持ちを誠心誠意、伝わるような文章を心がけましょう

会社所定の様式が無いようならば、文章はワープロで構いませんが、自分の氏名は自筆が良いかと思います。

宛名は上司または社長ですが、念のため上司に確認しましょう。


代表取締役社長            平成 年 月 日
○○ ○○ 殿            ××部 ○○ ○○ 印

始末書

平成Ο年Ο月Ο日Ο時頃、・・・を起こしました。
(不始末の具体的な状況を説明する文章)

・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)

・・・・となりました。又は、下記の損害が発生しました。
(結果としてどうなったかを書く)

このことは、私の・・・・が原因であり、深く反省しております。
以後このようなことのないよう・・・してまいる所存です。
(反省と再発防止の方法や心構えを書く)

この度の不始末に関しまして本始末書をもちまして
深くお詫び申し上る次第です。(お詫びの言葉を書く)

(具体的な損害の状況を詳細に書く)

以 上


過去は変えることができません。

起こしてしまったことは仕方ありません。

後ろを振り向かず、前に進むことが一番大切です。

どうか頑張って乗り越えてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする