ウッドデッキをDIYで作る!費用と基礎についてご紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基礎を固定する

まずは掘った穴にセメントを流してブロックを置きます。

水準器を使って水平になるようにブロックの傾きを調整していきます。

基礎の下に敷くセメントは基礎が動かない程度で十分ですので、あまり大量に流す必要はありません。

基礎の高さ調整

基準となる基礎と高さが一緒になるように水準器で調整していきます。

でも、それぞれの高さは極端に違わなければ、そんなに神経質になることはありません。

ウッドデッキを組み上げる段階で、高さの調整はできますので安心してください。

ちなみにこのようなお風呂で使う腰掛け椅子などがあると作業が楽になりますよ!

基礎の完成

それぞれのブロックの位置調整が終わると、基礎工事の完了です。

土木作業はとにかく腰が痛くなります。

休憩を入れながらボチボチ作業されることをオススメします。

素人作業ですから、1日掛りになるかと思います。

あとはセメントが乾くまで1日~2日放置します。

セメントは水と混ざることで化学反応をおこして固まります。

日光にあたって固まるわけではありません。

逆に強い日差しの下で作業するときはセメントに混ぜた水が蒸発しないように注意しながら作業をしましょう

乾いたことが確認できたら、掘った土を埋め戻します。

これで基礎は完成しました。

次回はウッドデッキの木材選びや下地処理のやり方をご紹介します。

お楽しみに!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする