ウッドデッキをDIYで格安に作る 木材と工具の選定方法

スポンサーリンク

ウッドデッキに最適な木材の特徴


● イペ

耐久性が非常に高く、木の狂いも少ないです。堅い木材ですので、コーススレッドは下穴をあけないとコーススレッドが折れてしまいます。建物の構造材や公共施設のデッキ材に使われることが多いです。


● ウエスタンレッドシーダー

初心者でも扱いやすく価格もお手ごろです。建物の外壁材や屋根材などに使われます。


● ウリン

耐水性、耐久性に優れていて、天然含有されているポリフェノールが、虫除け効果も高い特徴があります。世界最強の木材と言われ塗装する必要もありません。枕木や浮桟橋などに使われます。


わたしは主にウエスタンレッドシーダーを使います。

加工がし易いですし、価格が手頃なのもとても良いです。

しかしこれらの木材はホームセンターではあまり見かけません。

わたしがいつもお世話になっているのが、木材のネット通販「木工ランド」さんです。

木材の種類が多いですし、送料を考えてもお買い得な木材がたくさんあります。

また「木工ランド」さんでは木材1本あたり2カットまで無料で切ってくれます。

2×4材はノコギリで頑張れば、自分でも切れますが、4×4材ともなると結構大変です。

事前に図面を引いて、木材のサイズを出して注文すると良いと思います。

木工ランドから木材が届きました。
すでにカット済みなので楽チンです。

スポンサーリンク

塗装

ウエスタンレッドシーダーはステインなしでも長持ちはしますが、オイルステインを塗布することで、さらに長持ちします。

最強のオイルステインは日本エンバイロケミカルズの「キシラデコール」 ですが、少々お高いです。

余裕のある方は是非オススメします。

わたしは主にLiebeの「ウッドステインプロ」を使います。

防虫・防腐・防カビ・撥水・紫外線対策と高性能なのですがリーズナブルです。

オイルステインはペンキのように塗るというよりは染み込ませるという感じです。

わたしは刷毛を使いますが、キッチン用スポンジでも良いです。

一日乾かしたらOKです。

次回はいよいよ組み上げについてご紹介します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする