福岡に移住するみなさんに博多の常識を教えちゃいます

スポンサーリンク

えっ何々!常識とか何だか窮屈な所なんだなぁ…なんて思わないでくださいね。

別に知らなくても何の問題もないのですが、知っているとカルチャーショックを味わなくても良いかなぁと言った程度のことですので、気楽に読んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク

とにかく福岡大好き

福岡県民はとにかく地元が大好きです。だから地元を悪く言われるとカチンとくる方が多いです。

福岡といえば、ラーメンにもつ鍋、水炊きにうどんと美味しいグルメならお任せです。自分のお気に入りのお店に県外の方を連れて行くと、決まって「美味いやろ?」と感想を聞く前に迫ってしまいます。

地元アピールは凄いですよ。逆に厳しい感想言われてしまうとションボリしてしまいます(笑)

醤油が甘い

九州地方では、刺身醤油が甘いです。その昔、遠洋漁業の漁師が醤油に砂糖を混ぜて持って行ったことが始まりと言われてます。

お寿司屋さんや居酒屋では普通にこの甘い醤油が出てきます。

関東などの甘くない醤油がお好みの場合は、お店で料理を注文する度に「甘くない醤油ください」と言わなくてはなりません。

でもこの甘い醤油も慣れてしまえば美味しいですけどね!

実はうどん県

福岡県民は、とんこつラーメンばかり食べていると思われがちなのですが、実はうどんの方が大好きなんです。

主流は「まる天うどん」「ごぼ天うどん」です。「まる天」とは丸い形の天ぷらのことで、「ごぼ天」はゴボウの細切りを天ぷらにしたものです。

そして価格も安価でちょっと小腹が空いた時にいただきます。

そして福岡のうどんはコシがなく、やわらかい麺です。

ゴミの収集は深夜

そもそもは朝にゴミ収集すると交通渋滞の原因になることから、深夜に収集するようになったそうです。このためカラスにゴミを荒らされることがないので安心ですね。

バス停で並ばない

地元民はバス停で並びません。バスが到着すると乗る人たちが群がるように乗降口に殺到します。

これには理由があります。福岡はバスの利用が全国一の県です。だからひとつのバス停に数多くの路線があります。路線ごとに並ぶとバス停に収まりきれない列になってしまいます。

一本締めが独特

博多手一本と呼ばれてます。博多のお祭り、博多祇園山笠で祭りの締めで使われることから一般人にも浸透してます。

会社の飲み会などで慌てないように覚えておいてください。
「よーお」と言う掛け声の後に「パンパン」と二拍手「もひとつ」の掛け声の後に、また「パンパン」と叩き、「よーさん」の掛け声の後に細かく「パパン」半拍あけて「パン」で終わりです。
最後の「パパン パン」の部分が初めての方が戸惑うポイントですね!

春から福岡で新生活を迎えられる方はどうぞ参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする