もつ鍋の発祥は福岡?もつ鍋の歴史とは?

スポンサーリンク

女性にも大人気のもつ鍋ですが、福岡が発祥であることご存知でしたか?

その起源は複数の説があります。

ひとつは終戦後間もない頃に、炭鉱夫として働いていた朝鮮半島の人々がホルモンをニラと一緒にアルミ鍋で炊いて醤油味で味付けして食べていた事がルーツと言われています。当時は『ホルモン鍋』と言われていたそうです。

ちなみにこの「ホルモン」という言葉ですが、関西弁で捨てるものを「放るもん」と言います。この「放るもん」から「ホルモン」となったとされてます。

もうひとつは、福岡には有名なもつ鍋店「万十屋」がありますが、この「万十屋」この名のとおり和菓子店でした。戦後和菓子の材料である砂糖などが手に入りにくくなったため和菓子の製作が難しくなった「万十屋」の店主は試行錯誤し佐賀県の唐津から福岡に売りに来ていたモツを使い鍋物として売り出してはどうか?と客に出した事から、福岡のモツ鍋のルーツとも言われています。その後、屋号はそのまま残りもつ鍋店なのに「万十屋」(饅頭)という、変わった名前なんです。

さて、どちらが最初だったんでしょうか?

その後、経済成長に伴いもつ鍋は進化していきます。食糧生産が進み、生産量の増えたキャベツが加わって「もつ、にら、キャベツ、醤油味スープ、ちゃんぽん麺」と現在の博多もつ鍋へと確立していきます。

関東では、1990年頃に博多のもつ鍋店の東京出店がきっかけでブームが始まり、テレビで紹介されたこともあり安くてボリューム満点、お酒のお供にもなるスタミナ鍋ということで人気に火が付きました。

コラーゲンやビタミンが豊富で美容に良い、そしてニラやキャベツ等の野菜を沢山食べられるという事もあり女性ファンも一気に増えました。滋養強壮に良いことでも知られていますね。

モツには、必質アミノ酸が多く含まれ疲労回復、ストレス解消の効果があります。鍋の中に入れる野菜の玉ねぎ、ニラには硫化アリルがビタミンB2の吸収を促進しています。キャベツにはビタミンUが含まれるので胃や十二指腸を守る役目をはたしています。もつ鍋は、百貨の栄養とうまさを兼備えた究極の鍋なのですね。

最後に個人的に気になることが…

もつ鍋は博多の領土料理と言われることがあるんですが、子どもの頃にもつ鍋を食べた記憶がありません。
博多の郷土料理と言えば「水炊き」や「がめ煮」と思っています。もつ鍋は大人になって知りました。もちろん大好きですが…

もしかしたら「発祥」がいつのまにか「郷土料理」になってしまったんでしょうかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする