西新商店街で大変なことが!

スポンサーリンク

こんちには レイです。

今朝も物凄い寒さに布団からなかなか出る事が出来ず、危うく会社遅刻しそうになりました。

夕方にふとニュースを見ると何やら見たことある風景が画面に…

しかも建物が倒壊した映像です。どこだ?と見ていると西新商店街の文字が!良く通る商店街だけにビックリです。

倒壊した建物がある場所は福岡県福岡市早良区西新5丁目の「くらら薬局西新店」隣にある2階建ての建物とみられており、取り壊しの工事中だったということです。この建物は1階にブティック・2階に雀荘が入っている建物で、建物が建ってから約35年が経っており、先月1月から解体作業が行われていました。

倒壊現場の建物の近くには立呑屋(立ち呑み処)や饅頭店などがある中西商店街の一角。皆さんこの一帯を西新商店街と呼びますが、事故があった場所は中西商店街ですね。警察や消防が倒壊した原因について、調べを進めているということです。

幸い解体中の作業員の方や住民の方に怪我はなかったみたいですね。

で!この西新商店街なんですが、どこまでが西新商店街なんだろ?と疑問に思ったので少し調べて見ました。

「リアカー部隊」で有名な西新商店街ですが、地下鉄藤崎駅の唐津街道の商店街を総称して西新商店街と呼ばれているそうです。なるほど通称ということでしょうか?

ちなみにリヤカー部隊とは、リヤカーに魚介類・野菜・果物・花卉、または自家製の漬物・味噌・餅などを載せて販売する露天商のことです。10数台ほどのリヤカーが商店街通りが歩行者天国になると道路の中央に駐車して販売をおこなっています。商品の価格の安さもさることながら、売り手(ほとんどがおばあちゃん)とのやりとりが大きな魅力です。

この広義の意味には東から順に以下の商店街が含まれています。

オレンジ通り商店街

樋井川の今川橋から城南線までの範囲をいいます。

西新中央商店街

城南線(昔は電車があった)から早良街道(国道263号線)まで、リアカー部隊がいるのはこの商店街ですね!

中西商店街

早良街道(国道263号線)から高取との町界まで

そのほかに高取商店街、藤崎通り商店街があります。

商店街の中には、八百屋、雑貨店、家電店、衣料品店、医薬品店、居酒屋といったお店がたくさんあって、ちょっとした物なら何でも揃うし、西新が住宅街でもあるし学生街でもあるので、老若男女を問わず多くの人々が集う商店街となっています。 全国には「シャッター商店街」が増えてくる中、まだまだ活気があって元気な商店街です。私も行きつけの焼き鳥屋に行きたくなりました~
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする