福岡にもありますよ温泉!オススメ湯処を福岡県民が教えます

スポンサーリンク

温泉といえばやはり大分県や熊本県が有名ですね。

あまり多くはありませんが、福岡にも温泉はあるんですよ!

お手軽に行ける福岡の湯処をご紹介します。

スポンサーリンク

二日市温泉

天神から電車で20分くらいで行けます。

県内で温泉宿が一番多いのが、この二日市温泉です。福岡県筑紫野市湯町にある温泉街で、大宰府天満宮もご近所です。

あの夏目漱石さんも新婚旅行で訪れたそうです。

単純泉とラジウム泉で源泉かけ流しのお宿が多いです。200円~300円の公衆浴場もありますよ!

原鶴温泉

九州地方最大の河川である筑後川沿いにお宿が集中しています。

この筑後川では、毎年5月から9月末にかけて、
鵜飼いが行われます。この鵜飼はお客さんに見てもらうための言わばショーのようなもので、お宿が所有する屋形船に乗ってこの鵜が魚を捕る瞬間を間近で見ることが出来るんです。

泉質は弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉ですからトロトロとした肌触りで美肌の湯です。

脇田温泉

福岡県宮若市にある温泉です。福岡市内から電車とバスで1時間ほどでしょうか。「わいたおんせん」とも呼ばれるようです。

泉質は炭酸硫黄泉です。

自然に囲まれて、古民家風なお宿が多く情緒あふれる温泉街です。近くを流れる犬鳴川のせせらぎを聞きながら、のんびりとお風呂に浸かると癒されます。

お安く泊まれるお宿が多いですよ!

船小屋温泉

博多駅から筑後船小屋駅まで九州新幹線を使うとたったの25分で行くことができます。

有明海に注ぐ矢部川沿いの田園の情緒あふれる川畔いのいで湯です。8軒の温泉旅館があります。いずれのお宿も矢部川のせせらぎと周辺の自然を満喫できます。

初夏の夕暮れには源氏ボタルが飛び交い都会では味わえない幻想的な時間を楽しむことができます。

矢部川の新鮮な川魚料理は美味です。

泉質は高濃度含鉄炭酸泉で、滞在型の療養温泉地としても知られています。また温泉を飲む効能もあって飲泉場が温泉の中心です。

柳川温泉

うなぎや川下りでは有名な柳川にも温泉があります。

泉質はナトリウム炭酸泉です。お肌もツルツルです。

北原白秋の生家があることでも知られる柳川ですが、白壁の建物が多く残っている城下町を散策したり、川下りを楽しんだりと風情を感じさせる場所です。

温泉にゆっくり浸かってうなぎのセイロ蒸しを頂くのはまさに贅沢ですね!

いかがでしたか?

今回は、日帰りもできる福岡の温泉スポットをご紹介しました。

温泉に日帰りで出かけて、夜は博多の美味しいグルメを堪能されてみては!ぜひ福岡旅行計画の参考にされてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする