ラーメン屋って儲かるの?

スポンサーリンク

福岡にはラーメン店がたくさんあります。

全国にチェーン展開している有名店は別として、いわゆる街のラーメン屋って儲かるんですかね?調べてみると…

飲食業で起業する人気NO,1はなんとラーメン屋なんですって!ではなぜこんなにラーメン屋って人気なんでしょうか?

ラーメンブームがかなり前に起こってから大分時が経った今も人気の衰えないラーメン屋。

しかしなんでこんなにみんなやりたがるのでしょうか?そんなに割が良くてガッポリ儲かるイメージもあまりないですよね。

それにはこんな理由があるそうです。

経営戦略があまりいらなくて、ただ美味しいラーメンを作れば売れる!

細かい立地や客層や内装にこだわったりメニューを増やしたり、そういった細かいことは無視してただ一杯のラーメンに命をかける。

そういったシンプルで奥の深いのがこの業界の人気の一つだそうです。

全部カウンターのみでも行けるので場所をとらないことや、居抜きなら場所によっては100万円ほどで開業できちゃうとのこと。

ここにこんなデータがあります。

繁盛店ともなると、月100万円以上の利益が出ている。年収は1000万円を超え~。この数字の場合、1日の来店数は100人なんだそうです。

これはなかなか大変ですね!

こんなには無理だなぁ…じゃあ1日30人くらいだったらやれそうだなぁ…ひとりあたり1000円として1日3万円、月に90万円の売上です。そこから食材の仕入れにこの業界平均の30パーセントで、1日の売上3万円からだと9千円が仕入れとなり月に27万円が経費ですね。

63万円残りますね。おっ儲かる!いやいや、まだ経費は掛かります。

ラーメン屋は電気代・ガス代・水道料が、一般家庭より多くかかるようです。スープを煮込むのにガス料金が多くかかりそうですものね。
業界のデータによるとこれらの経費はだいたい月30万円をみておけば、良いとのことで…

差し引くと33万円残ります。おっ!いやいやまだ掛かります。

厨房は自分が担当すると仮定して、ホールに一人アルバイトが必要です。アルバイトの人件費を時給千円として、店を11時から開けて24時に閉めるとして×12時間×30日で計算すると36万円がアルバイトに支払うことになります。

差し引くと…あら!3万円の赤字です。

これに店舗の家賃やらユニフォームやら消耗品などの雑費が掛かります。う~ん大変ですね。ラーメン屋さんの起業、そんなに甘くはなさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする