福岡県人は標準語と思っていた!離合とは?

スポンサーリンク

みなさんは「離合」(りごう)という言葉を聞いたことはありますか?

西日本の方、聞いたことがあったり普通に使ってるよ!って方がいらしたりすると思います。

使い方の一例としては…

「あそこの道は狭いけん離合できんもんねー」

標準語ですと「あそこの道は狭いから車のすれ違いが難しいよね」となります。そうです。車のすれ違いを九州では「離合」と言います。九州人は普通に使っているのでまさか方言とは思ってもなかったという方が多いと思います。標準語と思っている方が多いのです。

山間の狭い道路で車を運転中、前方から近づく大型車に「あらっ、離合できるかな?」。そうつぶやいた方は、かなりの確率で生粋の九州人だという事がわかるのです。

しかも九州の自動車教習所でもこの用語を教えることがあるほか、道路標識にも使用されていたりします。幅のない狭い道の一部広い場所に「離合場所」と看板が立ってたりします。または山間部の道路に「離合注意」などと表示があったりします。さすがにこうなると標準語と思ってしまいますよね。

さらに地元紙の西日本新聞でも交通事故などの記事で「片側1車線で普通乗用車がやっと離合できる程の狭い道において…」なんて使われることもありますので九州人は方言と思うことはないでしょうね。

車と車がすれ違う意味の「離合する」という言い回しは、実は東日本ではほとんど通じないようです。東京で「離合できないかも」なんて言ってしまうと「えっ何それ?」なんてポカン顔されてしまいます。

ではこの「離合」の語源はなんでしょう?

どうやら元々は鉄道用語なようです。線路の単線区間の停車場(駅または信号場)において列車を交換することを離合というようです。ただ現在の鉄道用語においても「離合」ではなく「列車の交換」と言うそうです。でもどうしてこの鉄道用語が九州では一般に広まったんでしょうか?

色々と調べてみましたが、諸説あるようですが、九州にはむかし炭鉱がたくさんありました。炭鉱でも鉄道を使います。このあたりから炭鉱で働く人々が日常会話で使うようになったのでは…という説があるようですが、残念ながら正確な答えはでてきませんでした。三省堂国語辞典と岩波国語辞典は「方言」と但し書きがあったり、あとは政治用語としての「政権を争って党派が離合する」と方向が変わったりして正確にはわかりませんでした。う~ん…スッキリしませんがね~謎はますます深まるばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする