サザエさんは福岡で誕生した!そのルーツを探る

スポンサーリンク

国民的アニメ「サザエさん」知らない方はいないと思います。

そのサザエさんですが、福岡がゆかりの地であることをご存知でしょうか?東京に長谷川町子美術館があることはみなさんご存知でしょう。実はスタートは福岡だったんです。

作者の長谷川町子さんが福岡市の海岸で「サザエさん」「カツオくん」「ワカメちゃん」といった個性的なキャラクターを生み出したエピソードをご紹介したいと思います。

長谷川町子さんは大正9年(1920)佐賀県小城郡の東多久村(現在の多久市)で生まれました。

その後、一家は福岡市の中心部に近い四十川(現在の渡辺通三丁目)に転居しています。四十川から西新に引越し、県立の福岡女学校(現在の福岡中央高校)に進学しました。

昭和8年(1933)子煩悩で一家の大黒柱だった父が亡くなり、母の貞子さんは翌年には三人の娘の才能を伸ばすために上京します。

長谷川町子さんは女学校を卒業後5年間ほど、主に子ども向けのマンガを描いていましたが、戦時下の東京では生活が難しくなり、昭和19年(1944)に再び福岡市西新の家に戻ることになりました。

長谷川町子さんは妹の洋子さんと実家近くの海岸を散歩しながら、サザエさんの登場人物である「サザエ」「カツオ」「ワカメ」「フネ」などを発案したとされてます。現在は土地の拡張で埋め立てられていますが、その海岸があった場所に「サザエさん発案の地記念碑」が建っています。

そして昭和21年(1946)4月22日,西日本新聞から独立したばかりの「夕刊フクニチ」で「サザエさん」の連載が始まりました。

作品上では 磯野家は東京の世田谷に住んでいますが、初期作品では福岡が舞台となっていました。

福岡が舞台と言えば、物語の中にこんなエピソードがあります。

サザエさんとマスオさんはお見合い結婚ですが、福岡の百貨店・岩田屋(現在は三越になってます)の地下食堂にてお見合いをしました。個室でもなくホールの席だったので、周りの沢山人から見られ恥ずかしくて、二人ともあまり話もせずにすぐに結婚を決めたなんて場面があります。

長谷川町子さんはその後、昭和21年(1946)に家族とともに再び上京することになります。

そして朝日新聞朝刊に「サザエさん」が掲載され全国で親しまれる存在となりました。

その後に日曜日の夕方は定番アニメとなったサザエさん。

福岡にお越しの際は、ぜひサザエさんゆかりの地を訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする