とんこつラーメンの発祥は博多ではなかったかも?

スポンサーリンク

みなさんは、とんこつラーメンと聞くと何処を思い浮かべますか?福岡、博多ラーメンと答える方がほとんどかと思います。

ではこのとんこつラーメンの発祥はというと実は諸説あるんです。

まずは博多発祥説。

1941年頃に中洲の川沿いで「三馬路」という屋台から透き通ったスープの豚骨スープに平麺のラーメンが提供された。その後1946年には中華料理を学んだ店主が中洲や柳橋で屋台「博多荘」を開業し、透き通ったスープの豚骨ラーメンを提供した。同じ年に博多駅近くで屋台「赤のれん」を開業。当初はうどん屋台だったが、奉天(現在の瀋陽市)で食した白濁豚骨スープの麺「十銭そば」をヒントにラーメンを提供するようになった。とんこつラーメンと言えば白濁スープを思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、この「三馬路」や「赤のれん」系のラーメンはスープが透き通ってます。

続いては久留米説。

福岡県久留米市で1937年に開業したラーメン屋台「南京千両」が発祥とされ、「南京千両」の創業者は当初、うどんの屋台「たぬき」を営業していました。そして1935年頃、当時横浜や東京で流行していた鶏ガラや少量の豚骨を加えて作り出したスープの支那そばの店で修行を積みました。その後とんこつオンリーのスープを編み出し、今のとんこつラーメンになったとされてます。とんこつだけのこってりスープが開発された背景には「南京千両」の創業者が長崎出身で、長崎チャンポンの濃厚なスープに慣れ親しんでいたためといわれています。

この博多ラーメンと久留米ラーメン、特徴は少し異なります。

前にも書きましたが、博多ラーメンはスープが白濁してません。しかしとんこつラーメンの特徴とされる細めのストレート麺です。一方久留米ラーメンはスープが白濁していますが、麺は中太ストレート麺です。似ているようで実は違いがありますね。

では長浜ラーメンはどうなのでしょう?

長浜ラーメンの発祥は博多ラーメンの後、1953年ころと言われています。魚市場が博多区築港本町より長浜地区に移転したことがきっかけと言われています。

長浜ラーメンの特徴はすぐに茹で上がる「超極細麺」と独特の臭いのする「パンチの効いたスープ」です。長浜ラーメンはお客さんの多くが漁師さんや市場の関係者なので、魚の競りの合間に素早く食べられるようにと素早くゆでられる極細麺になったそうです。極細麺なので大盛りにしてしまうと直ぐに伸びてしまいます。だから替え玉というアイデアが生まれたとされています。

長浜ラーメンは注文の仕方もユニークです。麺の硬さは「ヤワ」「カタ」「バリカタ」「ハリガネ」「ナマ」など麺の硬さをリクエスト出来ます。

こうして見てみると、とんこつラーメンと言っても様々な流れがあるんですね。でもどのラーメンも個性が有って美味しいのは確かです。みなさんも福岡にお越しの際は色々なとんこつラーメンを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする