福岡のバス、地下鉄、便利な使い方をご紹介します

スポンサーリンク

これから福岡旅行を計画されている方、必見です。

福岡の交通事情を福岡県民が教えちゃいます。

まず最初に言っておきたいことがあります。

それは福岡の交通の主力はバスです。市内だけでも毎日2000台のバスが走っています。日本一のバス保有台数を誇る西日本鉄道、通称「にしてつ」です。朝夕の通勤ラッシュともなると、まるで列車のようにバスが列を作ります。

福岡ではこの西鉄バスと市営地下鉄が主な交通手段となります。地下鉄は東京の網の目のようにあるわけではなく3路線しかありません。

タクシーは小型が多く、中型は駅か空港でしか見かけません。小型の初乗り料金は570円~620円くらいですが、もっとお得なタクシー会社もあります。さらにボディーに博多織の模様がデザインされているタクシーは「プレミアムタクシー」と言って、福岡の文化などを伝えるタクシーです。同じ小型料金ですが、ちょっとお得感ですね!

それでは各スポットからの交通手段をご紹介します。

スポンサーリンク

福岡空港

市内の中心にあるので全国でも有数の便利な空港として定評があります。

空港→博多駅

直線で3km程と大変近いです。地下鉄だと2駅です。タクシーだとだいたい1,500円くらいです。2~3名のグループでしたらタクシーも便利かも知れませんね。

空港→天神

地下鉄だと5駅です。タクシーだとだいたい2,000円くらいです。このルートは断然、地下鉄が便利だと思います。主要なICカードが使えますので、切符を買う手間がなくて便利だと思います。

博多駅

2011年に駅ビルがリニューアルしました。駅の西側を「博多口」東側を「筑紫口」と呼びます。博多口には大きな広場があり、高速バスセンターや路線バス乗り場が多くあります。筑紫口は駅ビルリニューアル前とそれ程変わっていません。ビジネスホテルや居酒屋が多いです。

博多駅→天神

地下鉄だと3駅です。タクシーだとだいたい1,200円くらいです。またバスは100円循環バスがひっきり無しに来るのでバスも便利ですよ!みなさん良く勘違いされますが、循環バスでなくても天神に向かうバスは全て100円です。

ちなみに博多駅から天神に向かう途中に「キャナルシティ博多」という複合施設があります。珍しいお土産をお探しなら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

その他のスポット

糸島

電車やバスで行けないことはありませんが、本数も少なくあまり便利ではありません。レンターを借りてのドライブが最高だと思います。冬から春先にかけては生牡蠣を炭火で焼きながら食べる「カキ小屋」がオススメです。

大宰府天満宮

天神から西鉄電車で約20分です。
途中「二日市」駅で乗り換えですが、直通の専用列車もあります。
また大宰府天満宮の名物、梅が枝餅引換券がセットになった切符もありますよ!

オープントップバス

2階建てで屋根がない観光バスです。市内の主なスポットを周ります。都市高速道路もコースに入っているので、まるでジェットコースターのような体験もできますよ!夏は特にオススメです。

ほんの一部ですが、ご紹介させていただきました。ぜひ福岡旅行の参考にされてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする