福岡の屋台を初心者でも楽しめるマナーやルールを教えちゃいます

スポンサーリンク

博多の夜はやっぱり屋台ですね。

でも初めてだと、入ってみたいけど勇気がないなぁ…

入るの怖いなぁ…

なんて思っちゃいますよね!地元民でも初めての屋台は少し緊張してしまいます。

初めてでもスマートに屋台を楽しく利用できるルールをご紹介します。

スポンサーリンク

営業時間

福岡の屋台は毎日、リアカーを運んできて組み立てる移動型の屋台です。条例により午後5時以降でないと設置できないので、開店するのは午後6時くらいからです。お店が閉まるのはだいたい午前1時~3時くらいです。

定休日は決まっていませんが、日曜日に休む屋台が多いです。また雨や強い風の日もお休みする屋台が多いです。

いよいよ入店

のれんをめくって「もう開いてますかぁ?」と声を掛けてみましょう!

それから入る人数を伝えましょう「3人入れますかぁ」

●ワンポイントアドバイス
席の左端は常連さんが良く座ります。空いてても右側に座りましょう!もちろん左端に座ってはいけないわけではありませんよ!また常連さんの隣になると「何処から来たとね?」って始まって会話が弾むとおごってもらえたりするかも知れませんよ(笑)

さぁ注文!

まずメニュー表を見てください。貼ってなければ「メニューください」と言ってみてください。料金の表示義務がちゃんとあるので心配しなくて大丈夫です。

メニューに載ってないものは時価が多く予算オーバーになってしまいますから気をつけてください。

ちなみに生ものは出してはいけないことになってますので、ありません。

では早速、焼き物を注文してみましょう!焼き鳥や牛サガリステーキなどは定番ですね!焼きラーメンも超オススメです。

焼き物を焼いてもらってる間に目の前にあるおでんを1つ2つ取ってもらってビールのお供にどうぞ!

●ワンポイントアドバイス
おでんは一気にたくさん注文しないこと!

たくさん取ってしまうと冷めてしまって美味しくありません。

少しづつ注文しましょう!

でも冬は寒いんじゃないの?

大丈夫です。

分厚いビニールシートで屋台ごと囲んでますので、寒くありません。

むしろ寒い冬だからこそあったかい屋台はオススメなんです。

トイレは?

当然、屋台にはトイレがありません。でも安心してください。近くに公衆トイレがあったり、コンビニやホテルなどと提携しているお店がほとんどなので、お店の人にトイレの位置を事前に確認しておきましょう!

屋台のルール

屋台は長居しないのがルールです。居酒屋ではなく食堂と思っていただいた方が良いでしょう。

お腹も満足して、シメのラーメンを頂いたら待っているお客さんに席を譲りましょう!

いかがでしょうか?

屋台はルールを守って楽しく利用していただけたらと思います。

ぜひ博多の夜を満喫してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする