子供にスマホを持たせるのはいつからが良いのか?危険はないのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

親子でルールを決める

スマホを持たせることになった時には、親子で良く話しをしてルールを決めることが大切だと思います。

親から一方的にルールを決めるのではなく、子どもが納得するまでよく話し合って決めてください。

代表的なルール

・食事中はスマホを操作しない

・夜何時までスマホを使って良いか時間を決める

・寝るときは自分の部屋にスマホを持ち込まず、リビングに置く

料金がかかっている事を理解させる

スマホはタダで使えるわけではありません。通信料金、通話料金が発生していることを理解させます。

ゲームアプリなど課金リスクも教えなければなりません。

見えない相手との会話

人と会話する場合、相手の顔を見ながら会話をしますよね?相手の表情などを見て会話の内容や口調などを変化させて会話は成り立ちます。

そうして相手の気持ちを見極める力を養うのですが、SNSなどでは返信するスピードが求められてしまい、思わず相手を傷つけてしまう言葉を発してしまうかもしれません。

対面で話すことの重要性をよく理解させなければなりません。

親が監視する

こどもにスマホを持たせたら、それで終わりではありません。

毎日、監視して知らない人とのつながりやいじめなど、キチンと管理しなければなりません。親子のSNSでの会話も良いかもしれません。

こどもの変化に気づくことが重要です。

まとめ

スマホは便利なコミニュケーションツールですが、振り回されるのではなく使いこなす事が大事だと思います。

スマホ依存性のこどもが年々増えています。

うちの子に限って…なんて事はありませんよ!

スマホをこどもに持たせると決めたらしっかりと管理しましょう!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする