食中毒予防の対策してますか?カレーをたくさん作ったら夏場の保存どうしてますか?

スポンサーリンク

夏場に多く見られる「細菌性食中毒」は細菌の増殖が原因です。

ですので、細菌が増えないような対策をすることで、食中毒を予防することができます。

夏の暑い時に食べるカレーはとっても美味しいですよね!

そして2日目のカレーはまた更に美味しいですから、一度にたくさん作ります。

でも夏場は保存方に注意しないと大変危険です。

そこで夏場でも美味しく食べられるカレーの保存法をご紹介します。


スポンサーリンク

夏場の食中毒

食中毒には冬場に多く見られるノロウィルスなどの「ウィルス性食中毒」、夏場に多く見られる「細菌性食中毒」があります。

この「細菌性食中毒」は加熱が十分ではない食材や生ものを食べた際に発症することが多く、発熱や腹痛、下痢、吐き気などの症状がでます。

いちばんの対策は細菌を増やさないことです。


食中毒の対策法

細菌は10℃以下か60℃以上で増殖しにくくなります。

冷蔵庫に食品を入れておくことで細菌の増殖を抑えられます。

しかし細菌は低温で死滅するわけではありません。細菌のほとんどはよく加熱することで死滅させることができます。

食品は75度以上で1分以上、中心部までよく加熱しましょう。

練り物など加熱済みの食品でも食べるときには再加熱すると良いです。


常温で放置するのは冬でもダメです

上でもお話したとおり、常温は細菌の繁殖に好都合ですので細菌の数は1~2時間で食中毒を引き起こすレベルに達してしまいます。

カレーを作ったその日は食べ終わったらすぐに冷蔵庫で保存することが大事です。


カレーの正しい保存法

フリーザーバッグやタッパーに1~2人前づつ小分けしましょう

そしてなるべく早く冷やすことで細菌の繁殖を抑えられます。

氷水などにつけて冷ますと効率的です。

良く誤解されやすいのですが、熱いカレーを直接、冷蔵庫に入れてしまうのは間違いです。

これでは細菌の繁殖を抑えるどころか、細菌にとって良い環境を作ってしまいます。

かならず流水や氷水で冷ますようにしてください。


まとめ

細菌性食中毒にならないためにはしっかり加熱して細菌の繁殖を抑えることが大切です。

中途半端に冷まして、細菌の繁殖が活発となるような状態にしないようにしましょう

カレーが大好きで1週間食べ続けても平気!なんて方もたまにいらっしゃいますが、冷蔵庫でのカレーの保存期間はだいたい3日です。

ただ見た目やニオイがおかしい時は残念ですが、食べることを辞めておきましょう

正しい対策をして家族を食中毒から守りましょう

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする