ロンドンタクシーみたいなミニバンタクシー

スポンサーリンク

2018年に入って街中で見かける、まるでロンドンタクシーのようなミニバン型のタクシーをご存知でしょうか?

このミニバン型のタクシーの車名はジャパンタクシーと言います。

しかもこのジャパンタクシーはこれから益々街中に増えていくとの事なんです。

いったいどういうことなんでしょうか?

スポンサーリンク

ジャパンタクシーとは?

JPN TAXI(ジャパンタクシー)はトヨタ自動車が2017年10月から発売を開始したタクシー専用車両なんです。

この車両はトヨタ自動車が製造する「シエンタ」をベースにタクシー専用車両として製造されました。

タクシーではおなじみのLPG燃料に対応したLPGハイブリッドシステムが採用されています。

リアドアはスライド式で天井が高いため開口部が広く、乗り降りも楽です。

旅行でのスーツケースを持ったままの乗車も可能なので、空港からの移動も楽々ですね!

足元も広くてゆったりです。

またバリアフリー性能も強化され席を畳むことで、車椅子に乗ったままでの乗車も可能です。

シートヒーターが標準装備されており、後部座席でコントロールすることが可能です。

手元を照らす読書灯なども装備されていて、夜間の乗車時にカバンの中をゴソゴソする時にも快適です。

スマートフォンの充電に便利なUSBコネクタも装備しています。

トヨタ自動車のタクシー向け乗用車としてはおよそ20年ぶりの新型車両となります。

ジャパンタクシーはこれから増える!

いままでのタクシーのスタンダードはトヨタ自動車のセダン「クラウン・コンフォート」でした。

しかしこの「クラウン・コンフォート」は既に製造が終了しています。

またタクシーは通常、約6年サイクルで車両を入れ替えています。

タクシーは年間あたりで約10万kmもの距離を走行します。

そのため耐久性や安全性を考慮することと、LPG燃料タンクの検査が「高圧ガス保安法」に基づいて6年毎に行われることから5~6年を車両交換の目安としているようです。

ということで、これから入れ替わるタクシー車両は随時ジャパンタクシーに変わっていくこととなります。

ジャパンタクシーはマイカーとして購入できる?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする