寒中見舞いはいつから出すのか知ってますか?年賀状はいつまで?

スポンサーリンク

うっかり年賀状を出し忘れた方から年賀状を頂いてしまった!

慌てて年賀状を書こうと思うけど、もう正月三が日を過ぎていて時期的に失礼では?

…なんて時に良くお出しするのが、寒中見舞いですね!

寒中見舞いは新年の挨拶状ではありませんから、デザインや文例などは注意が必要なんです。

また年賀状はいつまでに出せば失礼に当たらないのでしょうか?

スポンサーリンク

年賀状を出せる時期

一般的には1月7日までに届く年賀状はセーフです。

それ以降に年賀状をお出しするのは失礼にあたります。

なぜなら年賀状とは新年を祝うためのご挨拶ですので、1月7日以降に届いた挨拶状はあまり意味がありませんね。

したがって、「年賀状ありがとうございます」などと返信代わりに年賀状をお出しするのも実は失礼にあたります。

寒中見舞いとは?

暑い時期に出す暑中見舞いと同じように、寒中見舞いも寒い季節に相手を気遣い近況を報告しあう挨拶状です。

近年ではうっかり出し忘れた方から年賀状を頂いた際の返礼や喪中で年始のご挨拶ができない場合に寒中見舞いを用いることが多くなりました。

また寒中見舞いに年賀はがきを使用することは出来ません。

私製はがきや官製はがきを使いましょう!

送れる時期は?

寒中見舞いを送る時期としては、松の内の1月7日があけた1月8日から立春の2月4日までに届くようにしなければなりません。

目安として1月末までに投かんする事が良いかと思います。

寒中見舞いの例文

では実際の例文をご紹介しましょう!

まず年賀状を頂いた相手には…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする