家庭訪問でお茶を出すタイミングは?お茶菓子は出すの?

スポンサーリンク

初めての家庭訪問を控えたお母さん、「リビングまで上がってもらわなくて良いの?」、「お茶はいつ出すの?」などなど悩みが耐えないことと思います。

近年の家庭訪問は事前のプリントに「家庭訪問は玄関先で」や「お茶菓子などの準備は不要です」などとお知らせがあります。

でも本当にリビングにお通ししなくて良いのでしょうか?

それにはまず家庭訪問の目的を知っておきましょう!

スポンサーリンク

家庭訪問とは?

どうして家庭訪問をするのか?その理由は児童、生徒のお宅を見るためです。

お宅の環境はどうか?部屋は整理整頓出来ているのか?

子供にとって適した環境作りが出来ている家庭なのか?などを見るためです。

中には虐待など深刻な問題をかかえる家庭もあるかもしれません。そのような兆候がないか?家庭を訪問することにより見極めることができます。

たくさんの家庭を見てきた先生はプロです。だから家に上がらなくても玄関先である程度の環境がわかるという理由です。

お茶を出さないのは失礼では?

家庭訪問の目的が家庭環境の観察ですので、お茶を出したから評価に影響するということは全くありません。

一日に何件ものお宅を訪問するのですから、その全てのお宅でお茶をいただいてはお腹がチャプチャプになってしまいます。

あなたのお宅がその日の何件目になるかにもよるとは思いますが、寒い時期や暑い時期に本当に暑いお茶や冷たい飲み物が欲しい時もあるかもしれません。

「もし良ければどうぞ」という気持ちで、お出ししてみてはいかがでしょうか?

お茶菓子は手を付けなかったら、そのままで良いと思います。無理に持ち帰って貰うなどは必要ありません。ひとつのお宅から貰ってしまうと、たちまち他の家庭にも広まってしまい先生に余計な気遣いをさせることになりますのでやめておきましょう!

お茶を出すタイミングは?

先生が到着した直後が良いかと思います。

お話が終わってから改めてお出しするのは、お待たせすることにもなりますので、あまり良いタイミングとは言えません。

またお子様にお茶を運んできてもらうのも良いかもしれませんね!

兄弟姉妹と家庭訪問が同じ日になったら?

ほとんどの学校で担任どうしが話し合って時間調整をしているようです。

そもそも日程が同じにならないように配慮する学校もあります。

だから先生どうしが玄関で鉢合わせなんてことにはならないようです。

結論としては家庭訪問は家庭環境を見ることが本来の目的です。

だから接待マナーなどはあまり気にすることはないようです。

参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする