鯉のぼりはいつから出すのか?何歳まであげるのでしょうか?端午の節句って何だか知ってますか?

スポンサーリンク

5月5日はこどもの日ですね。

昔はこの日を端午の節句と言っていました。

男の子の成長を祝う行事で、現在でも初節句を迎える男の子のために
兜や五月人形を飾る家庭もありますよね。

スポンサーリンク

端午の節句とは?

この「端午」ってどんな意味なんでしょう?

端午とは毎月初めの午の日を表す言葉です。

ですので5月に限った事ではなく毎月の最初の午の日を端午と呼びます。

しかしこの端午の「午」(うま)が十二支の5月にあたります。あるときから5月の最初の午の日が端午の節句となったそうです。

ここからさらに端午の「ご」が数字の「5」に聞こえることから
5月5日が端午の節句となったようです。

なぜ鯉のぼりを飾るの?

江戸時代、端午の節句は武家に男の子が生まれたことを祝い
のぼりを立てていたそうです。

こののぼりを立てる習慣が庶民に伝わり、のぼりに鯉の滝登りを描くようになったそうです。

これが鯉のぼりの原点とされています。

出生魚にあやかり立派に育って欲しいという願いが込められています。

ちなみに当時は黒い鯉のぼりしかなかったものが…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする