黄砂によるアレルギーは危険です 妊婦さんは気をつけて!

スポンサーリンク

最近では黄砂アレルギーという言葉を良く聞くようになりました。

花粉によるアレルギーと何が違うのでしょうか?

花粉症と思っていたのに実は黄砂アレルギーだったなんてこともあるかもしれません。


スポンサーリンク

黄砂とは

春先の3月から5月にかけて、中国内陸部の砂漠などの乾燥地帯から舞い上がった砂が偏西風に乗って日本へやってきます。

そして黄砂は粒子が小さいものほど遠くに飛びます。そのため日本に到達する黄砂は粒子が細かく花粉よりも細かいため人体に入り込みやすい性質をもっています。

しかし黄砂は単なる砂ですので、実はアレルギー症状を引き起こす原因ではありません。黄砂が風によって運搬される過程で、大気中のPM2.5を含む有害物質をくっつけて運ばれてきます。

この有害物質とともに体内に入り込むため、アレルギー症状を引き起こすのです。


黄砂アレルギーの症状

鼻から吸い込んだ場合は、鼻水やくしゃみ、アレルギー性鼻炎を引き起こします。そして肺に入ると乾いた咳が出るようになります。

あまり空咳が続くようだと、黄砂の粒子はギザギザした形ですので肺を傷つけてしまいます。呼吸器系の病院を受診しましょう。

また目に入れば、かゆみや不快感があるため、目をこすってしまうと、やはり角膜を傷つけてしまいます。

最悪な場合は細菌性結膜炎も発症することもあります。


黄砂アレルギーの予防と対策

まず黄砂の飛来を事前にチェックすることから始めましょう。

気象庁のホームページで調べることができます。

黄砂の飛来が多い日は、布団やシーツを外に干すことを避けなければなりません。寝ている間に大量の有害物質を吸い込んでしまう危険があります。

外出もなるべく避けたほうが良いですが、外出時はコンタクトレンズは付けずにゴーグルやマスクを付けるようにしましょう。

黄砂は微粒子ですのでマスクは、ウィルス対策用のものが望ましいです。

もちろんランニングなど外での運動も控えるようにしましょう。

帰宅した時はブラシなどで衣服に付いた黄砂を払い落とすようにすると良いと思います。


妊婦さんも注意

妊娠している時には特に注意が必要です。

黄砂をできるだけ吸わないように努力してください。

妊娠初期に吸い込んでしまうとお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす場合があります。これは黄砂に含まれるPM2.5など工場から非出される有害成分を体内に入れてしまうからです。

花粉用のマスクだとしっかり黄砂を吸い込んでしまいます。目の細かいマスクの着用をオススメします。


黄砂によるダメージを受けたら

空咳が長く続くときは必ず病院へ行きましょう

タバコは吸うことも避けましょう。また副流煙も同じく避けたほうが良いでしょう

肝臓の解毒作用を高めるために電解還元水いわゆるアルカリイオン水も効果的です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする