梅雨の長雨に備えは出来てますか?戸建て住宅の備えはコレ!

スポンサーリンク

近年の天気予報は精度が格段に上がり、雷雨の予測もより正確になりました。

しかしゲリラ豪雨や竜巻など、まだまだ予測しにくい自然災害はたくさんあります。

まずは自分の命を守ることが最優先です。

そして戸建て住宅にお住いのみなさんが、どうすれば長雨による被害を最小限に抑えることができるのでしょうか?

いくつかの被害に対する備えについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

土砂崩れ

近くに山があるお宅は地すべりによる土砂崩れに注意が必要です。

土砂崩れには、大きく2種類あって、山の表面だけが崩れる「表層崩壊」、山の内部がえぐられるように押し出される「深層崩壊」があります。

なかでも「深層崩壊」は、長雨によって大量の雨水が地下にたまって山表面の土砂ごと押し流す地すべりですので、土石流となって一気に流れてきます。

こうなると残念ながら、対策はありません。

備えとしては1階で就寝せず2階で家族まとまって就寝します。

避難が必要になったときに備え、貴重品や衣類、非常用食品などを非常持ち出し袋に入れて、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。

また天気予報や自治体の避難指示など情報収集に敏感になったください。

河川の氾濫

まず、自分が住む家やその周辺にどのような水害のリスクがあるかを知ることが大事です。

自治体が提供する「ハザードマップ」で過去の被害をもとに想定される浸水範囲や避難所などの位置を把握しておきましょう。

河川や海岸に近い地域や、周りよりも低い土地に住む方はとくに注意が必要です。

また高台だからと安心せずに、必ずハザードマップを確認しておきましょう。想定を上回る増水量には高台でも対応できなくなります。

河川が近くになくても排水構の能力を超えたとき、雨水があふれて周辺に浸水を引き起こすことがあります。

また地下室や地下駐車場は水没するリスクが高くなります。このような場所には行かないようにしましょう。自動車はあらかじめ地上に停めておくと良いと思います。

そして、雨がやんだからと安心してはいけません。

山から染み出た水が河川に流れ込み、時には雨が降っているときよりも河川の水かさが増すこともあります。

雨がやんだからと川を見に行くのも大変危険です。

戸建て住宅での増水対策としては、玄関や勝手口などに土嚢を積みます。できれば人の腰の高さまで積むと効果があると思います。

基礎部分に空気穴がある場合は、すべて土嚢で塞ぎます。

これで住宅への浸水を抑えられるかもしれません。

就寝は土砂崩れ同様、1階で就寝せず2階で家族まとまって就寝します。

避難が必要になったときに備え、貴重品や衣類、非常用食品などを非常持ち出し袋に入れて、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。

また天気予報や自治体の避難指示など情報収集に敏感になったください。

非常用持ち出し品のチェック

食料品

飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰

医薬品

救急医薬品、常備薬、マスク、生理用品、紙おむつ

貴重品

現金、預金通帳、印鑑、健康保険証、身分証明書

衣類

下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴

日用品

ナイフ、水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュペーパー、筆記用具、ゴミ袋

まとめ

河川の氾濫や土砂災害などは一気に起こることがあります。

避難が遅れると命にかかわります。

危険を感じたら住宅の備えは早い段階で済ませて、非難することが重要です。

日が暮れて暗くなってからの避難は難しくなりますので、高齢者や子どものいる家庭は、早い段階から避難することが重要です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする