ピロリ菌の除菌は副作用に注意が必要です!副作用の症状とは?

スポンサーリンク

ピロリ菌は胃潰瘍の発症をくりかえしたり、慢性胃炎の発症の原因といわれています。

このような症状がみられる方はピロリ菌の除菌療法をすることで改善することが多いです。

しかし、このピロリ菌の除菌療法を行うことで、人によってはさまざまな副作用を引き起こすことがあります。

その副作用とはどのようなものでしょうか?

そこで、一般的にピロリ菌の除菌療法による副作用について調べてみました。

スポンサーリンク

ピロリ菌とは?

ピロリ菌は胃の粘膜に生息する細菌です。

胃には胃酸という強い酸があります。

この強い酸の中でも生き続けることができるのが、ピロリ菌です。

ピロリ菌は除菌をしない限り胃の中に棲み続けると言われています。

感染経路は?

感染経路のほとんどは口から体内に入ります。

井戸水など、生水を飲んだことによる感染も要因としてはありますが、水道が整備された現代では、そのような事例はほとんどないようです。

ではどのような要因が考えられるのでしょうか?

それは、母親から子供への食物の口移しなど、家庭内での感染がほとんどと言われています。

そして幼少期は成人に比べ胃酸の酸が弱いこともあり、ピロリ菌が感染しやすい状態によることがわかっています。

除菌療法の成功率

ピロリ菌の除菌療法は服用薬を…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする