ピロリ菌の除菌は副作用に注意が必要です!副作用の症状とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

除菌療法の成功率

ピロリ菌の除菌療法は服用薬を一週間ほど服用する投薬治療です。

決められた用法、用量で70パーセント以上の成功率といわれます。

しかし、飲み忘れや使用の中断などで薬の効き目が薄れて、除菌に失敗することがあります。

そればかりかピロリ菌が服用薬に対する抵抗性をつけてしまい、除菌がいっそう困難になることも考えられるのです。

こうなってしまうとピロリ菌の除菌もとても時間がかかってしまいます。

除菌療法による副作用

人によっては除菌療法開始とともに副作用があらわれる場合があります。

副作用の種類として発熱や味覚異常、下痢、アレルギー反応、発疹などがあげられます。

除菌療法中にこのような症状が現れた場合は、すみやかに病院に相談しましょう。

ただ、この場合でもご自分の判断で薬の量を減らしたり、中断せずに続ける方が除菌成功率は高くなります。

下痢やアレルギーがだんだん酷くなるようでしたら、服用を中止し主治医に相談しましょう

まとめ

ピロリ菌は年齢の高い方、まだ上下水道が整備されていない時代に生まれた方に多く、水道が整備された現代では感染率が低く、若年層での感染はほとんどありません。

感染を予防するには、親から子へのたべものの口移などに注意することです。

ピロリ菌の除菌療養での副作用について、ご紹介しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする