今年2017年の夏は「スーパー猛暑」熱中症にならないための対策

スポンサーリンク

今年の夏は西日本を中心に猛烈な暑さ、スーパー猛暑になる見通しと気象庁が発表しました。

「スーパー」な猛暑です。かなりの覚悟が必要なようですね。

毎年、年々と夏の気温が上昇しており、日本もそのうち中東並みの暑い国になってしまうのでしょうか?

そして暑い夏に気を付けなければいけないのは、やはり熱中症ですね。

知らず知らずのうちに熱中症になっていた!なんてことも良く耳にします。熱中症は命に関わる症状ですから、軽く考えてはいけません。

そこで、このスーパー猛暑を乗り切って熱中症にならないための過ごし方をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

スーパー猛暑とは

気象庁が定義する夏日は…

・日中の最高気温が25℃を超える日→「夏日」
・日中の最高気温が30℃を超える日→「真夏日」
・日中の最高気温が35℃を超える日→「猛暑日」

そして、「スーパー猛暑」というカテゴリーを気象庁は新たに発表しました。

これは、日中の最高気温が37℃を超える日を位置づけるものです。

要するに今年の夏は異常なほど暑いという警告を表す言葉だということでしょう。


なぜ今年は暑い?

まず日本の夏が暑いのは、太平洋上の赤道付近で発生する太平洋高気圧おおわれて、日本の上空が高温となります。

そして、今年はインド洋の海面温度が高いようです。

そのためラニーニャ現象の予想が出ています。

ラニーニャ現象は大気の流れを活発にさせますから、例年以上に太平洋高気圧が西日本まで張り出してきそうなんです。

それに加えてラニーニャ現象の影響で、チベット高気圧がパワーアップして、西日本の上空まで張り出してきそうなんです。

このようにダブルで高気圧が、日本をおおいますので、いつも以上に暑いというわけです。


西日本は特に注意

ラニーニャ現象の影響で、太平洋高気圧とチベット高気圧が西日本エリアで上下に重なりあいます。

まるで布団を二枚重ねされたような状態ですから、上空はかなりの高温です。

だから西日本は特に注意しなければなりません。


熱中症対策

エアコン

在宅中はお昼でもエアコンを使用しましょう!

電気代がもったいないと扇風機で我慢しないでください。

今どきのエアコンは性能があがってますから、省エネモデルが多いですから電気代の心配はそこまで必要ありません。

しかし外気温が高い状態ですと、エアコンの性能は低下します。フル稼働させてもなかなか冷えないことがあります。

このような場合は、室外機周辺を中心に打ち水をしたり、室外機に日よけカバーなどをかけるなどの対策が必要だと思います。

水分補給

そして水分をこまめに取りましょう

のどが渇いていなくても、こまめに取ることが重要です。

つめたいお茶やアイスコーヒーでは利尿作用がありますから、水分がすぐに出てしまいます。

スポーツドリンクのような塩分や糖分を含むモノの方が、水分の吸収がスムーズにできて、汗で失われた塩分の補給にも最適です。


まとめ

スーパー猛暑、気温が体温を追い抜いて異常なまでの暑さです。

頭痛や冷や汗がでたら、もう熱中症になっています

そんな時は、無理をせずにただちに病院へ行きましょう!

これくらいは少し休めば大丈夫と油断しないでください。熱中症はなってしまうとなかなか回復しない蓄積型の症状です。

夏バテにならないようにしっかり栄養と十分な睡眠を取ることを心掛けて、スーパー猛暑を乗り切りましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする