台風への備えは大丈夫ですか?戸建て住宅の対策について

スポンサーリンク

近年の天気予報は精度が格段に上がり、
台風の進路予測もより正確になりました。

お住まいの地域に台風が来るとわかったら、やらなければいけない対策が
いくつかあります。

戸建て住宅にお住いのみなさんに台風対策のポイントを ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

窓ガラスの保護

雨戸が付いているお宅は必ず雨戸を閉めましょう!

また最近の戸建は雨戸が付いていないお宅も少なくありません。

雨戸のない窓にはガラスの外側から段ボールをガムテープで貼り付けます。

もし物が飛んできた時に段ボールが緩衝材の代わりになりガラスが割れるのを
防ぐことができます。

このような対策をしても場合によっては 、ガラスが割れるほどの強風になることもあります。

こんな時に備えて 、ガラスの内側(室内側)にも養生テープなどを貼って、ガラスが割れてしまった 時のガラスの飛散を和らげる効果があります。

家の周りの物は撤去する

強風でお庭に置いている物が飛んでしまい、お隣の窓ガラスを
割ってしまうかもしれません。

そんなことにならないように 、お家の周りの物はあらかじめ撤去しておきましょう。

また台風通過中に物を撤去するのは大変危険です。

台風が来る前にお宅の周りを確認しておきましょう!

植木

小さな鉢植えは家の中に避難させておきます。

家の中に入れることが難しい場合は、鉢植え同士をビニールひもなどで
、ぐるぐる巻きにするか、外構フェンスに固定して飛んで行かないようにします。

洗濯物干し

物干し竿はビニールひもでまとめておきます。

玄関などに避難させたり、縁の下や雨どいに縛り付けておきます。

物干し台は倒しておけば大丈夫だと思います。

自転車

フェンスに自転車を縛り付けるか室内に移動させます。
そのほかにゴミ箱やほうき、傘なども玄関に避難させましょう!

スポンサーリンク



ライフラインの備え

オール電化住宅のご家庭はカセットコンロを準備しておくと、

いざ停電になったときにも安心です。

また保冷剤を大量に冷凍しておくと、停電の際の食品の保冷に使えたり

エアコンが止まった場合の熱中症対策にも威力を発揮します。

また断水になった時の備えで、湯船に水を張っておくことと

ミネラルウォーターの準備をしておくと良いかと思います。

携帯電話の充電は忘れずに

携帯の充電はフルチャージしておきましょう!

予備バッテリーなどをお持ちの方は停電対策に必ず充電しておきます。

荷物の確認

いざ避難する場合を想定して荷物をまとめておきます。

また河川が近くにあるお宅は、貴重品や食糧など持ち出すものを2階に置いておきます。

河川の氾濫で1階が浸水した場合の対策です。

まとめ

ウチは大丈夫だからという考えは避難を遅らせることになり、命を危険にさらすことになりかねません。

天気予報を注意深くチェックして常に情報収集をしましょう!

とにかく慌てないことが一番です。

しっかりと対策をして、いざという時の備えが大切です。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする